留め袖を着る

帯のアップ

大特価で半纏を売っています。料金は3500円からとなっているので、欲しい人はココのサイトから注文しましょう。

これまで既婚者が結婚式で着る着物の中で一般的だったのは、黒留袖だと言えます。新郎新婦の親族である場合にはよほどのことがないかぎり、結婚する時に嫁入り道具として持参した黒留袖を着ていました。これは留袖が結婚式に適した格であることからも選ばれることが多かったのです。しかし、黒留袖を着るにはまだ若い場合には色留袖を着ることも増えてきました。また、着物の柄が流行遅れになってしまっていたり年齢に応じた柄ではなくなってしまっている場合も増えてきました。あまり知られていませんが着物の柄が高い位置にあるのは若い人が着ることがふさわしく、デザインも大きく華やかなタイプのものが好まれます。逆に年配の方は裾の方にすっきりとした柄があると格調高く見えます。

いくら年齢にあった留袖の柄があるといっても、洋服のように気軽に何枚も買い揃えることができるわけではありません。着物を着る場合には着物だけではなく、その季節やTPOに合わせて大半の場合には帯も変えることが必要になってきます。そんな時に強い味方になってくれるのがレンタルです。レンタルならそのときどきに合わせた装いをすることが可能です。同じ親族の集まる結婚式の時などには違った柄の留め袖を着ることで気持ちも引き締まります。自分では買うことのない柄にチャレンジすることができるのもレンタルのいいところです。また、夏など汗をかく季節にはレンタルなら汗ジミで汚してしまう心配もありません。今後も留袖のレンタルはどんどん色柄も含め増えていくと考えられます。

オススメリンク